ロゴ
HOME>オススメ情報>歯医者に通おう【虫歯が発生する前に予防歯科へ】

歯医者に通おう【虫歯が発生する前に予防歯科へ】

受付する女性

虫歯や歯周病が与える悪影響

歯医者が嫌いと言う人、今でも多いと言われます。歯医者に通う、一番嫌な理由が痛い治療をされることで、金属音と共に歯を削る時、いつ痛い目に遭うのだろうと考える恐怖感が、歯医者嫌いになる理由ではないでしょうか。そのため、虫歯になってもギリギリまで通院を避け、我慢が出来なくなり通う人も多いのでしょう。しかし、そんな虫歯を放っておくと、自身の身体にも悪い影響を与えることになってしまいます。歯が無くなってしまうと、物を上手に噛むことが出来ないだけでなく、胃腸などに余計な負担をかけてしまいます。更に虫歯と共に歯周病にかかっていることも多く、ますます健康に悪い生活を送っていることになります。歯周病にかかることでは、血糖コントロールが改善しにくくなります。そのため、糖尿病を患っている人は、病気を悪化させてしまう恐れがあり、十分な注意が必要です。また、心臓に血液を送る役目をする冠動脈において、血流が悪くなってしまうことが起きます。そのことから、心筋梗塞などを起こす危険性も出て来ます。歯周病は、心疾患へかかる割合を高くすることになりますので、東郷町の歯医者で早めの治療が大切になります。

診察室

予防歯科に通おう

虫歯になり、歯がとても痛く、仕方なく歯医者さんに通った経験を持つ人も多いと思われます。その時思うのが、こんな痛い治療は二度と嫌だと言うことではないでしょうか。今の時代、東郷町にある歯医者さんの多くは、無痛治療を行ってくれることも、痛みのない治療を受けることが出来るようになっていますが、出来れば通いたくないと考えるのが、本音と考えます。痛みを避ける治療として、予防歯科が挙げられます。予防歯科と大々的に名乗っている訳ではありませんが、普通の歯医者さんへ定期的に通うことで、虫歯や歯周病を防いでくれることになります。また大事な歯の機能としてある、綺麗な歯を保つように清掃も行ってくれます。黄色くなった歯や虫歯になってしまった歯を白く美しい歯を保つと共に、将来的にも痛いとされる治療を受けずに済むことになります。歯の予防をすることで、平穏な日々を過ごすことが出来ることになります。